D設計図(サイトマップ)を考えよう

計画を作る上で運営者側で考える必要があるのが設計図(サイトマップ)です。

◎設計図(サイトマップ)作りのポイント

自社の持っている情報をいかに整理しわかりやすく掲載するかがポイントです。
業界の専門用語・あたりまえの常識をそのまま掲載してしますと、同じ業界に人に見てもらう分にはいいのですが、一般の方にはわかににくくなってしまうと思います。

いかに自社の製品・サービスをわかりやすく整理して掲載していくかがポイントです。


banner_04.gif
↑この記事がお役に立ちましたらクリックをお願いします

posted by マイスター at 12:00 | 1 Plan 計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C店構えと商品の配置を考えよう

ホームページの目的・目標・ターゲットが決まりましたら、いよいよ具体的なを決めて行きましょう。

ホームページの中に記載されている状態はもちろん大事ですが、

レイアウト(店構え)
メニュー構成(商品の配置)

も重要です。
レイアウトがわるく項目が探しにくかったり、項目が専門用語だらけでわかりにく場合などはホームページがみてもらえないケースも考えられます。

ホームページ閲覧者から見てレイアウト・メニュー構成などが見やすいかどうか第三者の視線から考えてもらうのも有効です。


banner_04.gif
↑この記事がお役に立ちましたらクリックをお願いします

posted by マイスター at 12:00 | 1 Plan 計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

B24時間365日働く営業マンへの道

お客様先にホームページ運用のコンサルティングでお伺いすると、よく効くのがこんな話です。
『ネットやパソコンに詳しい者がいないので、ホームページは業者任せにしている』

でもちょっとまってください。
ビジネスブログ(ホームページ)は、●●会社インターネット支店ともいえます。
みなさんは、自社の支店を他の会社の人やホームページ担当者に任せっきりにしますか?

商品の購入前や取引前にインターネットで情報収集をするのはいまや当たり前になっています。

価値あるビジネスブログ(ホームページ)を運営している会社と一応ビジネスブログ(ホームページ)はあるがあまり反応がないホームページを運営している会社の違いは仮にホームページを営業マンに置き換えるとわかりやすいと思います。

お客様からの信頼があり、ニーズを把握した上でのしっかりした提案力がある営業マンと、お客様とのコミュニケーションがとれていなく売り手の論理だけでセールスする営業マン・・・・

あなたなら、どちらの営業マンから商品を書いたいと思いますか?

通常自社の商品・サービスを販売・セールスする場合は様々な営業・販促を行っていくと思いますが、ホームページにも同じ事が言えます。







banner_04.gif
↑この記事がお役に立ちましたらクリックをお願いします

posted by マイスター at 00:00 | 1 Plan 計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aお客様はだれ?ホームページをみて欲しいのはだれ?

目的が決まれば次はビジネスブログ(ホームページ)をみて欲しい対象を明確にしましょう!!

誰に見てもらうかで内容・デザイン・文章・サイトカラーなども決まってきます。
逆に言うとターゲットを決まればビジネスブログ(ホームページ)の内容はかなり決まってきます。

ビジネスブログ(ホームページ)を見てもらう対象を下記の点から考えてみましょう!!
○法人・個人
○性別
○年齢
○地域

もちろん、これ以外にも出来るだけ詳細にイメージできるほど内容も固まりやすくなります。
また、ビジネスブログ(ホームページ)を運営者側から考えるとホームページの可能性を限定する事なく、可能性を追求することも必要です。

取引先は決まっているから・・・・
企業情報を掲載するだけだから・・・

などももちろんあるかと思いますが、
他の活用の仕方の追求も必要です!!

banner_04.gif
↑この記事がお役に立ちましたらクリックをお願いします

posted by マイスター at 00:00 | 1 Plan 計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@ビジネスブログ成功の1歩は目的の設定から

ホームページ制作の前にまず考えなければいけないのが、開設目的を明確にする事です。

たとえば、
・製品・サービスの紹介
・会社の情報公開
・人材の募集

などきっかけを明確にすることが大事です。

一番重要なポイントは”何を最大のウリにする”という部分です。

企業のホームページにおいて陥りやすいのがこんなケースです。
@自社の製品・サービスを全て羅列して、結果として訪問者には非常にわかりにくくなってしますケース。
A極端に情報が少なく、ホームページを見てもその先のページを見ようと思わない・問い合わせをする気にならないケース。

インターネット上では星の数ほどホームページがあり、どの企業もいろいろ工夫しています。
なにも考えずに掲載しても価値のあるホームページにはなりません。

そのためにも目的をしっかりと持つ必要があります。



banner_04.gif
↑この記事がお役に立ちましたらクリックをお願いします

posted by マイスター at 00:00 | 1 Plan 計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。